とっても簡単な肩こり解消方法で、肩まわりもお腹まわりも楽になる!

肩こりに悩める日本の皆様!お疲れ様です!
その重たい肩こりは、何年くらい持ち歩いていますか?

 

知識や考え事悩み事でズッシリの頭を支える首と、お仕事に集中するあまり
身体を動かすことから遠ざかり、ガチガチに固まった肩周りの重圧。

 

ほぐしましょう!軽くなりましょう!
その辛い肩こりを解消して、軽〜く楽〜になる方法をご一緒に!

 

難しいポーズやお金のかかることがない、簡単肩こり解消方法を数点紹介して
みますので、試してみて下さいね。

 

もしかしたら、密かなポッコリお腹もスリムアップするかも知れません。
スキマ時間にコレをするだけ!乞うご期待!

 

 

肩こりは肩そのものではなく、首と肩甲骨に着目しよう

 

クオリティ オブ ライフ!

 

肩がこるとカタモミします。
気持ちいいですが、なかなか軽くならないし、一向に治りません。

 

多くの肩こりは、姿勢そのものに問題があったり、PC作業や運動不足など
が原因の現代病のようなもの。家事や勤務先の仕事をこなす毎日だから、
こりを積み重ねていくばかりになります。

 

疲れが溜まって炎症を起こすのは肩甲骨周りの大きな筋肉や、首筋です。
じわじわとこわばってきて、最悪の場合はギックリ!に行き着くのです。

 

ギックリ腰ならぬ、ギックリ首になったことありますか?
尋常じゃない傷みの衝撃と、固まって動かすことが出来なくなる地獄です。

 

もしギックリ首になってしまったら安静にしていなければならない事態になります。
ギックリ首にならない様に、首と肩(肩甲骨)は小まめに動かしましょう。

 

ジムに通う必要もなく、運動が苦手でも、簡単に出来る肩こり解消法。
椅子に座ったままでもできる方法も紹介します。さぁ、やってみましょう!

 

 

肩こりを解消するには《常に》を心掛けることが大切

 

クオリティ オブ ライフ!

 

パソコン画面に集中していると、じわじわ前のめりになり、首を前に
差し出した猫背の姿勢になりがちです。

 

これを続けていくと、やがて重たい頭を支える首と、
丸まった肩周りの筋肉がこわばり、悲鳴を上げることになります。

 

15分〜30分に一度は姿勢を修正して座り直し、首を何度か回して下さい。
ついでに肩を上下させます。グッと肩を上げ、ストンと落とす感じです。

 

うっかり集中し過ぎて1時間以上同じ姿勢でいた時は、もう少し入念な
ストレッチをすると、重たくなった肩や頭がスッキリします。

 

両手を背中に回し、腰の上あたりで手をつなぎ、肘を後ろに引いてみて
下さい。肩甲骨がグッと寄り、胸筋が開くイメージですね。

 

もうひとつは、後ろで手を組み、まっすぐ肘を伸ばしてみて下さい。
肘を伸ばしたまま組んだ手を上下に動かしましょう。(これは結構キツイかも)

 

ゴリゴリの肩甲骨周りに、分厚く邪魔な《こり》を感じましたか?
それを潰すイメージで肩甲骨を寄せましょう。

 

どのストレッチも、ゆっくりとした動作で5〜10回行うと、こわばりが
緩和されると思います。

 

静かな場所で、このストレッチをやってみると、首や肩からグリュッ!
グリュッ!とか、ゴリリッ!ゴリリッ!とか、妙な音が聞こえるので
試してみてください。

 

 

《ひねる》《のばす》は肩こり解消&ダイエット効果もある!?

 

クオリティ オブ ライフ!

 

ひねり伸ばしストレッチは、お風呂の時間に取り入れると、血行促進、
新陳代謝上々なのでさらにおススメです。

 

まず、手のひらを合掌して、肘を肩の高さまで上げてみましょう。
合掌した両方の手のひらを、グッグッと押し合い大胸筋を動かします。
(この動きはバストアップにも繋がります)

 

次に、合掌したままゆっくり真横に、肘から先導するイメージで回るだけ
回して下さい。左右限界までひねっていきましょう。

 

ひねる時に腰(骨盤)は真っすぐ前向きに固定し、動かさないよう注意して
上体だけを回して下さい。

 

骨盤を固定するよう意識すると、ひねる時に下腹部に力が入りますよね。
肩甲骨周りの筋肉と同時に、気になるポッコリお腹にもアプローチできます。

 

次に、合掌した手を真っすぐ上に上にと伸ばしてみましょう。
伸びきったところで、左右に身体を傾け、脇腹もグーンと伸ばします。

 

お風呂で温まった身体にこのストレッチを行うと、ジッとお湯に浸かって
いるより、肩こりにもダイエットにも繋がる、燃焼系の巡りを感じますよ。

 

 

手のひらキラキラ体操で肩甲骨にアプローチする方法

 

クオリティ オブ ライフ!

 

こちらはTVで紹介されていたようですね。
試してみると、かなり手応えを感じると思います。

 

両腕を「前へならえ」の形に真っすぐ伸ばして、手のひらを上に向ける、
下に向けると繰り返すだけ。肘を曲げずに手をキラキラの動きです。

 

さらに両腕を肩の高さに保ったまま、真横に大きく広げて手のひらキラキラ
体操してみて下さい。肩甲骨が複雑に動くのを感じられると思います。

 

手のひらキラキラ動作を、限界まで目一杯回すように動かすと、肩の内部と
肩甲骨に、より高くアプローチできますよ。

 

どのストレッチにおいても、椅子に座ったまま簡単に出来ちゃいますが、
背骨を真っすぐ立て、筋肉を伸ばして縮める、グーンと反ってグッと丸める
というメリハリの意識を忘れずに実践して下さいね。

 

まとめ

 

クオリティ オブ ライフ!

 

簡単肩こり解消方法、いかがでしたか?

 

肩甲骨を動かす、ひねる、伸ばす、などを意識してみると、色々な動きを
試してみたくなりますよね。

 

私も試行錯誤しながら身体を動かしているうちに、重度の肩こりと首痛の悩みが
いつの間にか少し軽くなっていました。

 

スキマ時間にちょこっと簡単にできるので、毎日実践してみることをおススメします。